お金がなく付き合いも減った頃‐2016年の借金返済事情

大学までは親からアパート代も光熱費も、携帯電話料金も払ってもらってました。

 
その上生活費として5万円貰っていたので苦労してなくて、大学卒業してからは居酒屋の正社員となりました。
 
 
卒業したらもちろん親からの仕送りなんて当てにする気はなく、正社員だったので意外とお金は貰えたけどあまりの残業と重労働に加えて家と職場が離れていて交通手段も限られていたので生活はボロボロでした。
 
 
嫌気がさして一年で辞めてしまい、その後はしばらくはほとんど使う暇すらなかった正社員の頃の給料の貯金で何とかやれたんです。
でも半年過ぎて、働かなくちゃと探してファミレスのバイトとして採用されました。
 
 
ファミレスのバイトは時給も安いし、生活は本当にギリギリになりました。
食事もいつもあまり贅沢は出来ず、納豆と卵に頼りっぱなしの毎日でした。
風邪引いても診察代や薬代を払いたくないからと病院に行かないで仕事には行きました。
 
でも病院行ってないため長引くので辛かったです。
そして、たまの周りの人からの飲み会の誘いや昔の友人からのお茶の誘いも行きたくても生活費以外の余分なお金がないから行けませんでした。
 
いつも断るしかないから段々、誘われなくなったけど仕方なくて落ち込む毎日だったのを覚えています。
 
市内の実家に帰るのも、祖父母の家に行くのも帰るなら何か手土産とか持って行かないとならないと思って無理だから避けてました。
 
手土産持ってかないと、礼儀を知らないと言われるしお金がないからなんて言い訳通用しないから暇がないとしか言えませんでした。
 

それでもどうしても行かざるを得ない時には、人生初めての銀行カードローンで三万円ほどキャッシングしたことがあります。
今なら借金返済に役立つサイトは山ほどあります。

 
借金返済の仕事人

 
それで遊ぶならまだ救われるけど、実家や姉の家に行くための手土産買うための代金に消えるのでとても虚しかったです。

 

今はサラリーマンの夫と結婚して安定してるのでお金の心配は落ち着いてますが、二度とそんな風にならないためにも少しずつ余裕があれば貯金しています。

 

たまに誰かとお茶する時に断らなくても良いように、備えているのです。
きっといつか振り返った時にお金がない経験は役立つと思います。

 

借金と言っても形や種類はたくさんある。

 

彼女から借りる場合、消費者金融からキャッシングをする場合、家族から一時的に100万円ぐらい借りる場合。

 

 

また借りる理由もたくさんありますよね。

 

 

借金返済で困る多くの場合にあるのは、貯金をする習慣がなくて、消費が一時的に増えてしまう場合である。

 

Copyright 大学時代から借金の経験。お金は自分で稼ぐもの 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget