奨学金、借金は本当に恐ろしいものです。

ほんの数年前、(というかいまもそうですが)私は非常にお金に苦労していました。
その理由はただひとつ、無職にも関わらず巨額の奨学金を返す必要があったからです。

 
今から考えるとよくわかりますが、奨学金というのは恐ろしいシステムです。
大学卒業後職に就けるかどうかわからないのに、

 
卒業後、数百万のお金を返さなくてはいけないわけですから。
私は、職につけなかったのに、数百万の借金を返さなくてはいけなくなりました。

 
一応、奨学金を借りている日本学生支援機構には
返済猶予制度というものがありますが、

 
数年返済を待ってもらっても、結局お金を返さなくてはいけないので、
根本的解決にはなりません。

 
なので、私はバイトなど副業をして多少のお金を稼ぎながら、
一気に借金を返済することにしました。
幸い、しばらくのあいだ実家においてもらえることになったので、

 
そこまで生活費はかかりませんでした。
その間に、一気に稼いで返済をしようと考えたのですが、
これがまた大変でした。

 
正社員ならともかく、ただのバイトだと稼げるお金もたかが知れていますし、
返済額も巨額です。

 
その上、いつまで実家においてもらえるか分からない状況です。
この、どん詰まりの状況で、
私はお金を返さなくてはならなかったのです。
なので、私は徹底的に固定費や支出を削減しました。
まず、携帯を解約し、

 
外にも極力出ませんでした。
そして娯楽と暇つぶしはネットでまかないました。
とにかく、お金を使わない生活を、

 
徹底的に目指したのです。

 
その結果として、300万近くの借金を
3年ほどで返すことが出来ました。

 
なので、今の私は奨学金を背負ってはいませんが、
それでも、恐怖と共にあの日々のことを思い出すことがあります。

 

 
奨学金、借金は恐ろしいもの、
それを私は、この3年間で学ぶ事が出来ました。

Copyright 大学時代から借金の経験。お金は自分で稼ぐもの 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget